医薬品の個人輸入のメリットと注意点

メリットとデメリット

支払い方法の確認と諸経費

輸入代行業者などを通して日本で未承認の医薬品を海外から個人輸入する際は支払い方法を確認します。
基本的にこれらの取引はクレジットもしくは銀行振り込みで先払いです。

購入にはある程度の英語力が必要なので注意が必要になります。
アメリカや東南アジアなどから発送されるので届くまでに一週間から10日程度かかるのが基本です。
所定の日程より遅くなる場合は追跡が可能ですが、メールでのやりとりになるので時間がかかる場合があります。

使用する本人の名前で購入する必要があり、譲渡などが禁止されているのが特徴です。
送り先を必ず自宅するように気を付けます。
転売などが出来ないので、数多く販売されてる中から自分に適している事が大事です。

雑費を想定する

海外から医薬品を個人輸入する際に、既定の金額を超えると関税がかかります。
支払いにかかる金額がこの関税を含めていくらかかるかが大事です。

商品によっては関税を合わせるとかなり高額になる可能性があります。
事前にいくらかかるか把握して注文をすると安心です。

クレジットもしくは振り込みで先払いをするので余裕がある時に利用します。
海外からの商品は信頼できる会社を利用するだけでなく、金額や手続きに不備がないか注意が必要です。

面倒な手続きをしてくれる個人輸入代行業者が多くあり、支払いがコンビニからできるなど以前より簡単に利用ができます。
自己判断で使用せずに必ず信頼できる医師に使用できるか確認をとってから購入するのが大事です。



▲ TOPへ戻る