医薬品の個人輸入のメリットと注意点

信頼できる会社を探す

承認薬より効果が期待できる医薬品

日本で処方されている承認薬より治療の効果が期待できる場合に、海外から未承認の医薬品を入手するケースがあります。
主治医と相談をして本当に必要なのか、また期待できる効果とリスクを把握して利用するのが大事です。

海外で承認されている薬と日本で承認されている薬は種類が異なります。
効果が現在使用している薬より期待できるのか、副作用などを含めたリスクがあるのか調べておくと安心です。
使用する目的が明確である事や、承認薬を利用するよりメリットがある場合に利用する方が多くなります。
担当医の見解を尊重するのは大事なポイントであり今後の治療方針に関わる内容です。
日本と海外では承認に時差があるので、新薬が利用できるメリットがあります。

自由診療扱いで利用する

自由診療扱いで利用する事が可能な、海外では一般的でも日本ではまだ未承認の医薬品は個人輸入が可能です。
自由診療だと日本の保険が適用されないので全額が自己負担になりますが、日本でまだ承認されていない新薬が使用できるのがメリットになります。

全額自己負担になってもメリットがある場合に利用をするのが大事です。
サイトで販売している海外の医薬品を購入すると自由診療に活用できます。
医師と相談をしてどのようにこのサービスを利用するのか計画を立てるのがポイントです。
個人で輸入できる容量が法律で決まっているので注意をします。
また種類によっては輸入が出来ない場合があるので事前の確認が必要です。
薬機法で問題がない種類を購入するようにします。


▲ TOPへ戻る