医薬品の個人輸入のメリットと注意点

初心者向けの医薬品の個人輸入の知識

承認薬と何が違うのか

初めて日本ではまだ未承認の医薬品を使用する方は、承認薬との違いを把握するのが重要です。
アメリカやヨーロッパでは認可されていても日本ではまだ認可されていないのが未承認の意味になります。
理由としては国により認可までの時間や基準が異なるからです。

例えば日本で開発された薬が海外で日本より先に認可が下りる場合があります。
癌の治療薬がこの代表的な種類の一つで、個人輸入する事が可能ですが法的な手続き以外に使用するうえで医師の確認をするなど注意点があります。
保険が適用されないので全額自己負担になるので、通常の病院で処方される薬より高くなるのが特徴です。
これらの内容をしっかりと把握したうえで購入するのが大切になります。

会社選びが重要

自分が利用するために海外から個人輸入をする日本で未承認の医薬品は、どの会社を使うかがポイントです。
信頼が出来る会社のサイトもしくは個人輸入代行を行っている業者を探します。
医薬品の価格や手数料は比較の対象になりますが、信頼できるかどうかを事前にチェックするのが大事です。

中にはかなり高価な商品を取り扱っている会社があるので、どれにするかを含めて慎重に比較検討をするのが上手に利用するポイントになります。
ある程度英語でコミュニケーションがとれる方は直接サイトから購入しますが、難しい場合は関税の手続きを含めて代行業者を利用すると便利です。
あくまでも個人で利用するのが前提なのを充分に理解して会社を探します。


▲ TOPへ戻る